上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- スポンサー広告 clap TB(-) CM(-)

ペルセウス座流星群、撮影成功

12日夜から13日未明にかけて、ペルセウス座流星群の発生がピークを迎えました。私は流星群が大好き、というのはこのブログでも何度か書いてきたと思います。今回は幸い天候にも恵まれ流星群日和。ペルセウス座流星群は毎年ほぼ同じ時に発生するので毎年楽しみに観測しています。今回は夜11時頃から2時頃まで観測しました。0時くらいからは家の中の窓から観測したので多少視野が狭くなった事もあってか、今回の収穫は4つ。一つ一つ明るさや長さが違い、数は少なくても見応えがありました。

そして毎回流星群の撮影を試みては失敗を繰り返していたんですが、今回、ついに、念願かなって、撮影に、成功しました!

!

こちらが元の写真です。分かりますか?右下のほうにキラッと。

!!

少し拡大・・・!?

!!!

更に拡大・・・!!!これが私が初めて撮影に成功した流星です!きれいに写っています。流星自体は今までに何回も見た事があったので、今回に限っては本物の流星を見たときよりこの写真を見つけた時のほうが圧倒的に感動が大きかったです。

さてこの写真、どうやって撮ったでしょう。流星が流れている時間は1秒も無いので、流れたのを見つけてからシャッターを切っても当然遅いです。かといって何時間も連射し続けるというのも現実的ではありません。というわけで正解はシャッターを開き続けた、です。カメラを三脚に固定し、シャッターを開き続ける事で、その間に流れた流星を捉える事が出来るのです。シャッターを長時間開くという事はその間光を取り込み続けるという事なので、ずーっと開いているとどんどん明るい写真になって最終的にはほとんど真っ白な写真になってしまいます。なので、今回は1回の撮影で30秒間シャッターを開けていました。30秒撮り終わったらまた30秒。合計74枚撮影しました。で、きれいに写ったのはこの一枚のみ。本当はもう一枚あるんですが・・・

惜しい!

このように民家の屋根の後ろを通ってしまったため見切れてしまいました。明るくて綺麗な流星なので残念。今回撮影したこれらの2枚の写真からも分かる通り、流星の明るさや長さはみんな違います。なので肉眼では見る事の出来た細くて暗めの流星は写真に写らなかった物もあります。

流星の撮影に始めて成功した事で、今回は私にとって特別な夜となりました。やっぱり流星は感動する。
スポンサーサイト
2012.08.13 22:51 感想 clap tb(0) cm(0)

ダーク・シャドウ感想(※途中までネタバレ無し)



19日に封切られたジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督作品、ダーク・シャドウを見に行ってきました。途中まではネタバレしないように書いているのでまだ見ていない方の参考になれば。主に予告で出てくる事柄にしか触れませんのでご安心を。

予告編などからも見て取れますが、ホラーというよりコメディ色が強いです。アダムスファミリーシリーズが好きな方には特におすすめ。逆に同じようにヴァンパイアを扱った作品でもトワイライトシリーズみたいな感じは期待しない方がいいです。今回はカッコイイ大人なジョニー・デップと言うよりはちょっと人とずれてる変人なジョニー・デップです。ティム・バートンが撮ったんだからまあそうなります。かといってアリス・イン・ワンダーランド程人間離れしたファンタジックなキャラクターでもないです。チャーリーとチョコレート工場のウィリー・ウォンカのイメージに近いかも。変な髪型を気に入ってるという共通点もあるしね。ヴァンパイアなのに妙に人間味があるのが面白いところです。

私はティム・バートンの映画が大好きですが、大好き補正を取っても面白いと言える映画でした。どう考えても流行りますもんね。ランキングでもダントツ1位でしょう。18世紀に封印されたヴァンパイアが1972年の世界に蘇るという事で時代について行けてない感じがありがちですが面白いです。70年代あるあるみたいな描写が多いので、その時代を生きた方は色々楽しいのではないでしょうか。逆に70年代の感じを知らない若い世代には意味が分からない事も多いでしょうね。かくいう私も70年代には生まれてすらいませんが、私の場合はレトロな物や事が好きでその頃の映画とかも見ていて、大体の雰囲気は分かっているつもりなので楽しめました。カーペンターズとかヒッピーとかシボレーと聞いてピンと来ない方は面白さが味わえないシーンがあるかもしれません。とは言ってもその辺は小ネタ程度なので何も知らなくても十分楽しめます。とりあえず現代ではなくちょっと昔の話と思って見れば全く問題ないです。

コメディ色が強いと言いましたが、終始大爆笑という事ではないです。クスッと笑えるシーンが所々にちりばめられている感じ。それでもシリアスなシーンや悲しいシーンもあるのでそういう意味で映画としての完成度が高いと思います。派手な演出のシーンも多く登場するので娯楽映画としては大満足ですね。なので真剣な目で見てしまうと幼稚に感じるかもしれません。開き直って終始笑って楽しむ余裕を持ったほうが絶対に楽しめます。真面目なシーンも笑い飛ばすくらいの感覚が丁度良い映画だなと冒頭の時点で感じました。ブラックユーモアを受け入れられる大人が楽しめる映画ですね。子どもはちょっと楽しめないかもなあ。実際この映画はPG-12指定でもありますし、お子さん連れの方にはあまりお勧めできないかもしれませんね。DVDが出るのを待って、家で見るのが丁度良いかもしれません。他のバートン作品で言うとビートルジュースほど弾けてないけどシザーハンズほど繊細でもないですね。その中間くらいでしょうか。全体的にシザーハンズだけどエドワードの性格がチョコレート工場のウォンカって感じですかね。チョコレート工場を作ったと思えば血まみれでグロいスウィーニー・トッドを作り、アリスを作ったかと思えば大人のユーモアなダーク・シャドウを作っちゃうティム・バートンという人は新しくファンになったお子様の事はどう捉えているのでしょうね。そもそも私はチョコレート工場もアリスも本当は大人に向けて作っていると思いますが。

というわけでダーク・シャドウ、バートン好きの方にはもちろんおすすめ。ジョニー・デップファンの方にもおすすめ。ただしカッコイイだけじゃないよ、という事。私としてはスリーピー・ホロウの時みたいなちょっとヘタレのジョニー・デップこそ彼の魅力だと思います。ただイケメンなだけの俳優さんではなくて人間的な魅力を出せる素晴らしい俳優さんだと思います。ダーク・シャドウでもそんな彼が存分に楽しめますよ。大人向けのコメディと割り切って笑いながら、突っ込みを入れながら、寛大な気持ちで見る事をお勧めします。もう一回見たい。


※ここから先はもろネタバレです。見てない方は要注意。映画を見た方のみ見てね。
2012.05.23 23:17 感想 clap tb(1) cm(0)

PS3版ワンダと巨像の感想

以前ワンダと巨像が好きでリメイク版を買うかもしれないと書きましたが、買いました。そこでレビューというか感想でも書こうかと思います。ネタバレは無しです。リミテッドボックスについてやPS2版とPS3版の比較もあります。3D立体視についても触れています。

なかなかプレミア感があります

■Limited Box

ワンダと巨像が好きと言っておきながら実はICOはやった事がなくて、いずれプレイしようとずっと思っていました。そんな矢先に今回ワンダと共にICOもリメイクされ、Limited Boxなるセット販売があるという事で丁度良いのでそれを買いました。数量限定なのでこれから買おうと思っている方はプレミア価格でどんどん高くなっていく前に早めに購入した方が良いと思います。ちなみにそれぞれ単品での通常販売もあります。

ICO、ワンダ、そしてブックレットが納められた豪華なパッケージ。辞書の箱みたいです。文字部分は特殊プリントでつるつるしています。中味のICOとワンダは通常版と同じものです。

ブックレットの中味はさすがに公開しませんが大まかに内容を。上田文人氏のシャーペンによるイメージスケッチや絵コンテ、経歴やインタビュー、制作風景などが納められています。なかなか読み応えがあります。

今回のリメイクは追加要素などは多分全くありません。PS2版と全く一緒です。変わった事は下記の画質など。なので正確にはリメイクではなくリマスターですかね。でも3D立体視は新たに作り直しているのでリメイクとも言えるか。まあいいや。あるインタビュー記事で読んだところによると、追加要素や操作性の改善を行っていたら切りが無くなってしまい、かといって中途半端にいじりたくもない、との理由からだそうです。私としても現在制作中の新作「人喰いの大鷲トリコ」に集中していただきたいです。楽しみ。

■画質

ようやくゲームの感想です。長々と申しわけないです。ゲームの操作性やストーリーはPS2版と全く同じで今更私が語るまでもないので、PS3だけの新要素について触れていこうと思います。ICOはまだ未プレイなのでワンダについてです。

まず画質の感想、とその前に注意点。デフォルトではテレビ画面に対してゲーム画面が一回り小さく、周りに黒いふちが出来ています。これはタイトル画面のオプションで最大化できるので、是非最大化してプレイしましょう。体感で画質がぼやけると言った事はありません。

PS2のワンダを最後にプレイしてから久しいので、オープニングムービーの第一印象は「おおっ」と言うほどではありませんでした。よくよく見れば確かに綺麗になっているなあという程度。それよりも懐かしさの方が。しかし顔が映ると明らかにくっきりしていますね。ワンダはムービーシーンも映像ではなくリアルタイムに演算しているので(なのでムービーシーンでカメラが動かせる)プレイ画面との画質の差が無いんですよね。そしていざ、プレイ画面に変わるとようやく画質の綺麗さを実感。アグロ(主人公ワンダの愛馬)の質感が凄い。

記憶を頼りに比較するのもなんなので実際にPS2版をやってみました。あれ、こんなに画質悪かったっけ。当時は綺麗だなあと思った記憶があるんですが思い出補正ってやつですね。で、PS3版に戻ると、おおおお綺麗!遅ばせながらようやく画質の綺麗さを実感できました。PS2版をお持ちの方は先にちょっとプレイしてからPS3版を始めると感動が大きいかもしれません。

比べれば一目瞭然

比較画像。その差は歴然。キャプチャではなくテレビ画面を直接撮影したものなんですが、ピントなど撮影条件は両者とも同じです。ちなみにPS2はD端子出力、PS3はHDMI出力(両ハードの最高画質)です。

PS3版、静止画でこの画質は凄い

プレイ画面の比較。もう一度言いますが、ピンぼけではないです。体感でもこの差です。こうやって比べるとすっごい綺麗ですね。服の模様もより細かく見えます。リマスターの技術って凄いなあ。アグロの足とか尻尾とか、凄い差ですね。静止画だとPS2版はもはやドット絵みたいになっちゃってます。あ、巨像の比較画像は無いです。プレイしながら撮影するの無理です。

■3D立体視


今回のリメイク、ICO、ワンダ共に実は3D立体視に対応しています。3Dテレビがあれば楽しめます。この立体視についてですが、あまり宣伝されていないような気がします。3D対応のゲームはまだ少ないですし、もっと押していっても良い部分だと思います。あと一応言っておきますと、別に3D専用ゲームではないので普通のテレビでも3D立体視は出来ませんが普通の高画質なプレイ自体は出来るのでご安心を。

普通にテレビを買ったら実は3Dに対応していたという家のテレビ。実はほとんど3Dのコンテンツを見ていません。3Dに対応していなくてもワンダは買っていましたが、せっかくなので試さない手は無いです。

3D、凄い。奥行きが凄い。目の前に広大な大地が広がります。でもアグロやワンダは手前に居るように見える。3Dは映画でもそうですが、飛び出すというよりは奥行きが広がって見える感じですね。ワンダと巨像は元々フィールドが広く、巨大な敵と戦うゲームなので3Dにはとても向いていると思います。3Dメガネをかけるので画面が少し暗くなりますが、世界観的にあまり気にならないですね。ただ湖を泳ぐ場面では少し暗すぎるかも。水面と壁の境界が曖昧になります。そして巨像、これは大迫力です。巨像そのものというか飛び散った石や砂が飛び出して見えます。地面の巨像より空中戦の巨像の方が迫力があります。本当に空で戦ってる感じ。あと、これは慣れもあるかと思いますが、さすがに長時間3Dでプレイすると疲れます。3DのON、OFFはゲーム内ではタイトル画面のオプションからしか行えないようですが、おそらくどの3Dテレビでもリモコン側でON、OFFが切り替えられると思うので、ある程度3Dを満喫した後はフィールドでは3DをOFFに、巨像との戦闘時には3DをONにして楽しむというのもありかと思います。まあこれはこれで長時間だと疲れそうな気もしますが、私はそんな感じでプレイしていました。

今回のリメイク、PS2版を未プレイの方は是非ともプレイしていただきたいくらいおすすめです。本当に名作なので。難易度はほんのちょっと高めですかね。ごり押しでは勝てません。どうやって巨像の弱点までよじ上っていくか、など頭も使います。でも慣れてくればばそれらを楽しむ事が出来るはずです。

逆にPS2版をプレイ済みの方は内容に新鮮味が無いのでスルーでも良いかもしれません。画質に関心があるかどうかですね。後は私のようによっぽどなファンの方なら買って損は無いです。画質に関して例えるなら、PS3版はメガネを新調した感じです。PS2版はメガネを無くした状態。あ、分かりにくいですかそうですか。あと3Dテレビをお持ちの方はPS2版をやったかどうかに関わらずおすすめです。

最後に3Dでプレイする際の注意点。3Dテレビを購入し、これからPS3を3D化しようとしている方、旧型のPS3でもアップデートで3D再生に対応できます。Blu-ray 3Dの映画も見る事が出来ます。しかし、ハイスピード規格に対応した高速HDMIケーブルが必要なので注意です。ここが見落としがちです。
2011.09.24 22:29 感想 clap tb(0) cm(0)

小林賢太郎テレビ3、まとめと感想※ネタバレ注意

「小林賢太郎テレビ3~ポツネンと日本語~」のコントなどのまとめと感想です。完っ全にネタバレなので注意、というか放送を見てない方は見ない方が良いです。これまでの傾向から考えても、今後何回か再放送もあると思いますし、DVD化もすると思います。それらをご覧になった方のみ続きを読むからどうぞ。

あと、物っ凄く長いです。私の小林賢太郎観察記という感じです。ラーメンズや小林賢太郎が好きじゃないととても読んでいられないと思います。もっと短くしようと思ったんですが、書きたい事が沢山あったのでそのままにしました。もはや自己満足な記事です。よくブログの保険として書かれる自分用メモという表現がぴったりな内容です。
2011.08.31 23:59 感想 clap tb(0) cm(2)

ワンダ

深煎りドリップコーヒー+エスプレッソで引き立つ、深いコクと苦みの贅沢な味わいが楽しめる大人のアイスコーヒーです。(このスペースに何文字まで入るのか実験。)

スーパーで38円で売っていたという缶コーヒー。どこの知らないメーカーかと思ったら、先日自分で好きって公言したばかりのワンダでした。新商品なんですかね。なんか新商品って最初のうちはスーパーで激安で売っていたりするんですよね。にしても安すぎる。

そんなことより何ですか、加糖ブラックって。ブラックなのに砂糖が入っているんですか。そう言えば、ある一定の数値以下なら糖分が入っていても「無糖」と表記できる、と言う訳の分からない話を聞いたことがありますが、これもそう言う感じなんですかね。

味はと言いますと、確かにブラックっぽい風味はありますし、エスプレッソっぽい凝縮感もある気がしますが、ほのかに甘いです。うーん・・・私は普通のブラックか微糖とかのが好きですね。まあ缶コーヒーは時間が経つと味が劣化するので、一本飲んだだけでは判断しきれませんが。やっぱり回転の良い自販機で買うとおいしいです。売れてなさそうな自販機で買うと酸化していたり鉄っぽい味(本当に鉄の味なのかな、そう感じるだけかも)がしますね。

PS2のワンダと巨像というゲームが好きです。え、話変わりすぎですか。発売日に買って結構やり込みました。台詞があまり無いんですが、ストーリーも面白かったです。世界観も良いし、ステータスバーが隠れる仕様になっているので冒険してる感がリアルに感じられたのも良かったです。リアルさで言うと、巨像にしがみつく際の操作が本当にギュッとしがみついてる感じがして良かったです。フィールドも凄く広いし、巨像の弱点を探す感じとか、手探り感があったのも面白かったです。ゲームを進めていくと主人公ワンダの服が汚れていく演出もリアルでしたね。音楽もワクワクドキドキ感があって良かった。

こんなゲーム↓



ああ、これ見てたらやりたくなってきた。でも今は我慢します。なんかPS3でリメイクされるらしいんですよ。それを買おうかなと思っています。PS3は持っているんですが、買った理由がブルーレイが見たいからだったんですよね。その頃はまだブルーレイのプレーヤーが高くて、PS3を買った方が安く済んだんです。なので未だにPS3のソフトは最初に買った1本しか持ってないんですよ。2本目がワンダ、またはまりそうな気がします。

べ、別にコーヒーがワンダだったからこのゲームのこと思い出した訳じゃないですし。
2011.07.24 18:51 感想 clap tb(0) cm(0)