上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- スポンサー広告 clap TB(-) CM(-)

ダーク・シャドウ感想(※途中までネタバレ無し)



19日に封切られたジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督作品、ダーク・シャドウを見に行ってきました。途中まではネタバレしないように書いているのでまだ見ていない方の参考になれば。主に予告で出てくる事柄にしか触れませんのでご安心を。

予告編などからも見て取れますが、ホラーというよりコメディ色が強いです。アダムスファミリーシリーズが好きな方には特におすすめ。逆に同じようにヴァンパイアを扱った作品でもトワイライトシリーズみたいな感じは期待しない方がいいです。今回はカッコイイ大人なジョニー・デップと言うよりはちょっと人とずれてる変人なジョニー・デップです。ティム・バートンが撮ったんだからまあそうなります。かといってアリス・イン・ワンダーランド程人間離れしたファンタジックなキャラクターでもないです。チャーリーとチョコレート工場のウィリー・ウォンカのイメージに近いかも。変な髪型を気に入ってるという共通点もあるしね。ヴァンパイアなのに妙に人間味があるのが面白いところです。

私はティム・バートンの映画が大好きですが、大好き補正を取っても面白いと言える映画でした。どう考えても流行りますもんね。ランキングでもダントツ1位でしょう。18世紀に封印されたヴァンパイアが1972年の世界に蘇るという事で時代について行けてない感じがありがちですが面白いです。70年代あるあるみたいな描写が多いので、その時代を生きた方は色々楽しいのではないでしょうか。逆に70年代の感じを知らない若い世代には意味が分からない事も多いでしょうね。かくいう私も70年代には生まれてすらいませんが、私の場合はレトロな物や事が好きでその頃の映画とかも見ていて、大体の雰囲気は分かっているつもりなので楽しめました。カーペンターズとかヒッピーとかシボレーと聞いてピンと来ない方は面白さが味わえないシーンがあるかもしれません。とは言ってもその辺は小ネタ程度なので何も知らなくても十分楽しめます。とりあえず現代ではなくちょっと昔の話と思って見れば全く問題ないです。

コメディ色が強いと言いましたが、終始大爆笑という事ではないです。クスッと笑えるシーンが所々にちりばめられている感じ。それでもシリアスなシーンや悲しいシーンもあるのでそういう意味で映画としての完成度が高いと思います。派手な演出のシーンも多く登場するので娯楽映画としては大満足ですね。なので真剣な目で見てしまうと幼稚に感じるかもしれません。開き直って終始笑って楽しむ余裕を持ったほうが絶対に楽しめます。真面目なシーンも笑い飛ばすくらいの感覚が丁度良い映画だなと冒頭の時点で感じました。ブラックユーモアを受け入れられる大人が楽しめる映画ですね。子どもはちょっと楽しめないかもなあ。実際この映画はPG-12指定でもありますし、お子さん連れの方にはあまりお勧めできないかもしれませんね。DVDが出るのを待って、家で見るのが丁度良いかもしれません。他のバートン作品で言うとビートルジュースほど弾けてないけどシザーハンズほど繊細でもないですね。その中間くらいでしょうか。全体的にシザーハンズだけどエドワードの性格がチョコレート工場のウォンカって感じですかね。チョコレート工場を作ったと思えば血まみれでグロいスウィーニー・トッドを作り、アリスを作ったかと思えば大人のユーモアなダーク・シャドウを作っちゃうティム・バートンという人は新しくファンになったお子様の事はどう捉えているのでしょうね。そもそも私はチョコレート工場もアリスも本当は大人に向けて作っていると思いますが。

というわけでダーク・シャドウ、バートン好きの方にはもちろんおすすめ。ジョニー・デップファンの方にもおすすめ。ただしカッコイイだけじゃないよ、という事。私としてはスリーピー・ホロウの時みたいなちょっとヘタレのジョニー・デップこそ彼の魅力だと思います。ただイケメンなだけの俳優さんではなくて人間的な魅力を出せる素晴らしい俳優さんだと思います。ダーク・シャドウでもそんな彼が存分に楽しめますよ。大人向けのコメディと割り切って笑いながら、突っ込みを入れながら、寛大な気持ちで見る事をお勧めします。もう一回見たい。


※ここから先はもろネタバレです。見てない方は要注意。映画を見た方のみ見てね。
スポンサーサイト
2012.05.23 23:17 感想 clap tb(1) cm(0)