上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- スポンサー広告 clap TB(-) CM(-)

レンブラント展

→この日の流れ

ポストカードとチケット

上野の国立西洋美術館で開催中の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」に行ってきました。キャッチコピーは、

「光と、闇と、レンブラント。」

的確な上に覚えやすい上に面白い。気に入ったのでこの記事のタイトルに引用。

今回の展示では、油絵よりも版画が多かったです。多くの版画がとても小さいもので、カードくらいのサイズのものも沢山ありました。小さいとはいえどれもとても繊細で正確な線で描かれていて、明暗の表現はさすがと言わざるを得ませんでした。レンブラントというとまず油絵の肖像画を連想すると思いますが、生前はむしろ版画で有名だったようです。今回の展示で特に興味深いのは、版画が刷られている紙の中に「和紙」が含まれているということ。当時レンブラントはインドや中国など様々な種類の紙に版画を刷っていたようです。中でも東インド会社によってもたらされた日本の和紙は重要視され、数多く使用していたみたいです。17世紀のオランダで和紙が重要な意味を持っていたなんて面白いですね。今回も展示されていた「東洋風の衣装をまとう自画像」など、レンブラントは東洋に深い関心があったのかもしれませんね。

全て見終わって最後にあったのはお土産コーナー。こういった美術展では解説書、キーホルダー、クリアファイル、ポストカードは定番で必ずありますね。あととってもお高い複製画も。私は毎回その時の展示のメインの絵画と個人的に気に入った絵画のポストカードを記念に何枚か買っています。今回も例にたがわず購入しました。その際に貰った封筒型の梱包材がサプライズ。上の写真の一番左のものがそうですが、表も裏も真っ白で、だた企画名がプリントされただけの一見何の変哲も無い袋。しかし、家に持ち帰ってから気付いたんですが、照明に透かしてみて見ると…

光と、闇と、レンブラント。

なんと今回の展示のキャッチコピーの透かしが。凝ってますね。こういうの好きです。ポストカードよりむしろこっちの方が気に入ってしまったというサプライズ。ちなみに仕掛けとしましては、内側が真っ黒になっていて、そこに反転した白文字がプリントされています。私はたまたま気付きましたが、一見しただけでは見逃してしまいそうですね。こんなに拘った梱包材は初めてです。前は企画名さえ無い袋だったような。もし気付かずに捨ててしまうような事があってはもったいないですね。

レンブラント展、6月12日まで。レンブラントの光と闇、または版画での明暗に興味のある方におすすめです。ところで公式サイトなんですが、以前見たときはトップページがカーソルの動きに合わせて白黒反転するギミックがあったような・・・。現在は廃止されているみたいです。元々気のせいかもしれないけど。目がチカチカするからでしょうか。

レンブラント観賞後、上野に来たからにはパンダを一目見なければ →次の記事へ
2011.04.17 17:41 外出 clap tb(0) cm(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

trackback

この記事のトラックバック URL
http://kagia7.blog137.fc2.com/tb.php/21-1e035b3a