上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- スポンサー広告 clap TB(-) CM(-)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスが大好きすぎる

主人公ジャック・スケリントンのぬいぐるみ

今日はハロウィン楽しいハロウィン
カボチャは悲鳴をあげる
This is Halloween, everybody make a scene
trick or treat till neighbors gonna die of fright
It's our town, everybody scream
in this town of Halloween

だめだ、歌詞を書き始めると脳内で続きが再生される。途中から英語版の歌詞になりましたがナイトメアー・ビフォア・クリスマスが大好きです。タイトル的にクリスマスですが画的にはハロウィンの映画ですね。間違いなく人生で最も多く見た映画です。何十回・・・いや何百回か。小学生の頃に物凄くはまって毎日のように見ていた時期がありました。今でも毎年ハロウィンとクリスマスには必ず見る、というのを10年くらい続けているのでそれだけで20回ですか。更に何でもない日にもしょっちゅう見ていましたし、今でもたまに見ます。うん完全に100回以上見てますね。はい、気持ち悪いですよね分かります。言い訳がましいですが、この映画はミュージカルな上に76分と短いので見やすいんですよ。なので日本語吹き替え版を見た直後にオリジナルの英語版を見たという事も少なからずあります。

このブログを見ていると分かるかもしれませんが、私は何かを好きになるととことん大好きになるんですよね。それも飽きずにずーっと。ナイトメアーは音楽も映像も台詞も大好きで覚えてしまったため脳内で全編再生できます。ミュージカル調の映画なので台詞と言うか歌詞が覚えやすいというのもありますが。吹き替えもオリジナルも再生可。

私の気持ち悪い依存症状についてはこのくらいにして、ナイトメアーの魅力をお伝えしたいと思います。おそらく映画そのものよりキャラクターのほうが有名で、上の写真の主人公ジャックは特にグッズ展開も凄まじいので見かけた事があるんじゃないかと思います。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスはティム・バートン原作、ヘンリー・セリックが監督のストップモーションという技法を使ったアニメーション映画です。ストップモーション。コマ撮りとも言いますが、NHKとかでやってる粘土のアニメがこの技法で撮影されています。一コマ撮影したらほんの少し人形を動かす。これを延々と繰り返すという気の遠くなる技法です。たった1秒間の映像を作るのに、24回動かします。

ナイトメアーは世界観が素晴らしい。どんより暗いハロウィンタウンもキラキラ鮮やかなクリスマスタウンも。その中を動き回る個性的にも程があるキャラクター達も最高に魅力的です。どのキャラクターひとつ取っても単体で1作品出来てしまいそうなくらい。そして音楽。映画の世界観にぴったりな音楽に合わせてキャラクターたちが歌い上げる様は本当に見ていて楽しいです。

いろいろ書きましたが、実際に映像を見るのが一番手っ取り早い。とりあえず中毒注意です。はまる人はこの映像を見ただけで大はまり間違い無しです。

埋め込めない動画なのでYouTubeへリンク
1:20以降必見。HD画質。

ここで私の好きなキャラクターランキング

1位 ゼロ
2位 ジャック・スケリントン
3位 メイヤー町長

ジャックより愛犬ゼロの方が上という。ゼロの可愛さは異常。鼻がカボチャになってるのが可愛い。ちなみに私のおすすめゼロシーンは、ジャックが部屋にこもってクリスマスの実験を夜中までしている傍らで眠そうにしているゼロです。一瞬のシーンですが「まだやってんの?」みたいな表情が最高に可愛い。

語るときりがないので今日はこの辺りにしておきましょう。

ハッピーハロウィン!
2011.10.31 23:57 紹介 clap tb(0) cm(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

trackback

この記事のトラックバック URL
http://kagia7.blog137.fc2.com/tb.php/70-71b2d04b