上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- スポンサー広告 clap TB(-) CM(-)

美術館巡り

くねくね国立新美術館

六本木の国立新美術館で現在開催中のシュルレアリスム展に行ってきました。国立新美術館はまず建物の外観からインパクトがありますよね。くねくね曲がってる。内側から見ても曲線の世界だし、とにかく大きい。内部が広い広い。

今回の展示は絵画から写真、立体作品まで結構数も多くて見応えがありました。マグリット、ダリ、キリコなどシュルレアリスムの巨匠たちの作品が沢山ある中に、さりげなく一点だけ(たぶん。)ピカソの絵もありました。場所も展示方法も特に目立った形ではなく、見過ごされそうな感じでした。シュルレアリスムに焦点を当てた展示なので室然的にそうなったのかもしれませんね。

シュルレアリスムの作品群は、やはり独特だしシュールです。作品の真の意図は作者にしか分からないのかもしれません。幻想的で夢の世界を表したような世界観ですが、楽しい気分というよりは不安や孤独を感じるものばかりなのも特徴ですね。決して批判的な意味ではなく、不快です。褒めてます。しかし、構図や色使い、塗りなどに注目すれば素直に綺麗だし、勉強になる点も多かったです。

よく名画を見るとパワーを貰える、みたいな事をいう方もいますが、私は全く逆ですね。体中のエネルギーを全て作品に吸い取られてしまったように思います。毎回美術館に行くと疲れ切ってしまいます。それでもやはり現物の凄みというのを感じますし、作品にそれだけの力があるからこそ、多くの人の支持を得て後世まで語り継がれる名作となるんでしょうね。やはり私は美術館に行くのが好きです。

美術館を梯子しました。

2カ所目は六本木にある森美術館。ここに入った理由は展示だけが目的ではなかったんですが、長くなるのでそれについてはまた明日。

現在開催中なのは、小谷元彦氏の幽体の知覚です。この展示は、THE 現代アートといった感じの立体作品が主でした。森美術館ではこんな感じの展示が多い気がしますね。面白いです。予備知識無しで行ったんですが、むしろ純粋な気持ちで楽しめました。展示の区画ごとに一定のイメージがあって、黒い部屋に骨をモチーフにした立体作品があったり、真っ白い部屋に真っ白い作品があったり。大きな作品が多かったです。何となく全体的に骨を連想させるものが多かったと思うんですが、骨って綺麗ですよね。幾何学的で複雑な形をしていて、死を連想させるわりには美しいと思います。

今回の展示でとても印象に残った作品があります。部屋の壁全体に滝のような水がスローモーションで流れる映像が投影されていて、天井と床は鏡になっています。そんなに広い空間ではないんですが、そこに入ると、映像と鏡により錯覚を起こし、地底の奥深くまで自分が落ちていくように感じました。と、同時に、どこまでも空高く上っていくような感覚も味わえました。これは実際に行かないと絶対に体験できません。絵画でもそうですが、やはり実際に本物を見ると迫力が違います。この展示は2月27日までと、あと少しで終わってしまうんですが、機会があれば是非体験してみてください。
2011.02.19 01:08 外出 clap tb(0) cm(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

trackback

この記事のトラックバック URL
http://kagia7.blog137.fc2.com/tb.php/9-ceb267a7